弥平とうがらし ぴりり

弥平とうがらしを使ったチリソースやブラウニーの販売|弥平とうがらし ぴりり

rss

HOME»  弥平とうがらしとは

弥平とうがらしとは

■湖国に100年以上前から伝わる伝統野菜

刺激的なからさ
弥平とうがらしは上を向いてなります。

弥平とうがらし」は滋賀県湖南市下田の弥平さんという人が100年以上前にどこかから持ち帰ったといわれるもの。これまで地元では、漬物にする分だけ栽培されてきました。また、生の弥平とうがらしを火であぶって、かじりながら日本酒を飲むのが地元の通の食べ方です。
この「弥平とうがらし」を当店では、原料である種まきからおこない、栽培しています。


鮮やかなオレンジ色。そのかわいい見た目とはうらはらに・・・・

弥平とうがらし(右)

鮮やかなオレンジ色がとってもきれいです。

弥平とうがらしの一番の特徴はこの色です。おもちゃのような光沢のある鮮やかなオレンジ色をしています。
そのかわいい見た目とはうらはらに、実は激辛!!!!
辛味レベルは100000スコヴィル
タカノツメの2倍の辛さ。

 

激辛だけではない、芳醇な香りと旨味!

芳醇な香りと甘み

香りと旨味は一級品!!

激辛とうがらしは海外産を含めたくさんあります。
ですが、弥平とうがらしは激辛だけじゃありません!!

辛さの中にひろがる甘みと、鼻をすっとぬけるような芳醇な香り

辛いだけのとうがらしとはわけが違います。